Want to keep learning?

This content is taken from the Keio University's online course, Understanding Quantum Computers. Join the course to learn more.

Government and University Research

A lot of the work that laid the foundations for quantum information was conducted by people who considered their field to be theoretical quantum mechanics. They produced results such as Bell’s theorem and the no-cloning theorem. Others, often theoretical computer scientists, focused on the theoretical relationships between computer science and physics, as in reversible computing. But since development of Shor’s algorithm, quantum computing and quantum information developed into its own unique intellectual pursuit.

Until fairly recently, the bulk of the funding for research in quantum computing came from the world’s governments. The research has been conducted at national labs and universities throughout the world. But as the field broadens and matures, and work spreads to encompass not just fundamental research but also advanced product development and ultimately products, it is growing not just in funding amounts but in the diversity of funding sources and those executing the work. From the earliest days, there has been a substantial international effort, and that continues to spread, as well.

Funding

The race is on to build a full-scale machine, and government funding is a critical component. As experimental work has advanced, proving that building small-scale machines is possible, the total financial commitment has risen. As of this writing (mid-August, 2017), the world’s governments have collectively committed to spending some US$2,000,000,000 on quantum computing over the coming years.

In the United States, a great deal of funding has come from the Department of Defense. The Defense Advanced Research Projects Agency (famous for funding the ARPANET, commonly acknowledged as the most important ancestor of today’s Internet) was an early supporter. Much money has come through the Intelligence Advanced Research Projects Agency, or IARPA. Other money has come from the National Science Foundation, the Department of Energy, and other organizations. Some of the money has been targeted at solving core problems in designing and fabricating qubits through fundamental physical research. Although funding has been steady and generous, to date, the U.S. has not launched a truly large-scale, coordinated effort aimed at building a single machine.

Other countries and the EU have funded projects with attention at the level of the cabinet or head of government. In 2013, the UK committed 270 million pounds to four Quantum Hubs, aimed at initiating technology transfer from laboratories into industry. In 2016, the European Union announced a flagship program in quantum information, worth a total of one billion euros.

Researchers in Australia and Canada have benefited from steady government support since the earliest days of the field.

Smaller countries that are doing disproportionately well, producing large amounts of world-class research despite smaller populations and smaller national research efforts, include Austria and Singapore.

Japan had a series of multi-institutional programs starting in the very early 2000s, including ones named CREST and FIRST; Van Meter and Satoh were both beneficiaries of these programs. In August 2017, the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS, similar to the US NSF) announced a 30 billion yen (almost US$300 million), ten-year project aimed at building a machine.

China is investing very heavily in quantum technology, especially quantum optics, including launching a satellite for quantum communication experiments and building a national quantum key distribution network.

Institutions

Naming only a few institutions is grossly unfair to the many brilliant researchers spread throughout the planet, but it seems appropriate here to give you an idea of that breadth and who is doing the work.

In the U.S., every major research university has one or more faculty members working in the broad area of quantum information. Some have centers dedicated to the area. We have collaborated with, for example, researchers at Stanford, Harvard, Georgia Tech, Duke, and Yale. Government laboratories such as NIST, ARL, ORNL, and Sandia have their own internal efforts and also distribute research funding to universities and companies.

In Japan, government labs such as RIKEN, NICT, AIST and NII have strong groups. Universities include important national universities such as U. Tokyo, Osaka, Kyoto, Tokyo Tech, Tohoku, and private universities such Keio, Waseda, Ritsumeikan and Gakushuin. These institutions all have contributed since the year 2000 or before, and have attracted researchers from all over the world.

In Canada, the University of Waterloo and the Perimeter Institute (also in the town of Waterloo), Montreal, U. Toronto, Calgary, and British Columbia have had prominent programs for many years. The field has benefited from generous support not only from the government, but also from philanthropists such as Mike Lazaridis, who provided funding for the Institute for Quantum Computing at Waterloo and Perimeter.

Europe has a strong university-based research community. In the UK, Oxford, Cambridge, Leeds, Bristol, York and Edinburgh have done fantastic work. In France, researchers at College de France, Paris Telecom, and elsewhere; in Switzerland, at Geneva; in Austria, at Innsbruck and Vienna. T.U. Delft, in the Netherlands, is a leader in several experimental technologies.

Researchers at UNSW, Melbourne, Macquarie and Queensland in Australia anchor much of the work in the southern hemisphere.

This abbreviated list will no doubt leave grievances among the many researchers (and even countries!) we haven’t addressed. If you are interested in a particular geographic region or institution, searching the web will very likely turn up researchers and professors there. Given that the field is still young, the researchers you find are likely to be young but well connected to others throughout the world.




政府と大学の研究

量子情報の基礎を築いた多くの研究は、その分野を理論的量子力学であると考えた人々によって行われました。彼らはベルの定理や量子複製不可能定理のような結果を生み出しました。可逆計算のようなコンピュータ科学と物理学の関係を研究した人々もいました(その多くはコンピュータ科学者です)。しかし、Shorのアルゴリズムの開発以来、量子コンピューティングと量子情報は独自の知的探索に発展しました。

ごく最近まで、量子コンピューティングの研究資金の大半は各地の政府からのものでした。この研究は、世界中の国立研究所や大学で行われてきました。しかし、その分野が拡大して成熟し、営みが基礎研究だけでなく、高度な製品開発や最終的には製品を包含するように広がるにつれて、資金調達量だけでなく資金調達源と分野に携わる人々の多様性が増しています。最も初期の時代から、相当な国際的努力があり、それも広がり続けています。

資金調達

本格的な量子コンピュータを作る競争は始まっており、政府からの資金調達は重要な要素です。実験的な研究が進み、小規模なマシンの構築可能性を示すにつれて、全体の財政援助は大きくなってきています。執筆時点(2017年8月中旬)では、各政府は今後数年にわたって合計で約20億米ドルを量子コンピューティング分野に投資することを約束しています。

米国では、国防総省から多くの資金が調達されています。国防総省の国防高等研究計画局(今日のインターネットの最も重要な祖先と一般にされているARPANETへの資金提供で有名です)は、早期の支援者でした。知能高等研究計画局(IARPA)を通じて多額の資金が流入しています。 他のお金は、国立科学財団、エネルギー省、および他の組織から来ています。 この資金の一部は、基本的な物理的研究を通して量子ビットの設計と製作における中心的な問題を解決することを目標としています。 現在まで、資金は安定的かつ寛大に提供されてきましたが、米国は量子コンピュータを構築するための真に大規模で協調的な取り組みを開始していません。

他の国々とEUは、内閣や政府首脳のレベルで注目されているプロジェクトに資金を提供しています。2013年には、英国は4つの量子ハブに2億7,000万ポンドを拠出し、研究所から業界に技術移転を開始することを目指しています。 欧州連合(EU)は、2016年に量子情報についての主力プログラムを発表しました。これは合計で10億ユーロに相当します。

オーストラリアとカナダの研究者は、この分野の初期から安定した政府の支援を受けています。

オーストリアやシンガポールなどのように,人口が少なく国家の支援も薄いものの多くの世界レベルの研究をしている国々もあります。

日本には、CRESTやFIRSTといった、機関の横断的なプログラムが2000年代の初めから行われていました。Van MeterとSatoh双方が、これらのプログラムの受益者でした。日本科学振興会(JSPS、米国NSFと同様の機構)は、2017年8月、マシンの建設を目的とした300億円(ほぼ3億米ドル)の10年間のプロジェクトを発表しました。

中国は、量子通信実験用の衛星の打ち上げや国家的量子鍵配信ネットワークの構築といった量子技術、特に量子光学に非常に重点的に投資しています。

機関

一部の機関だけの名前を挙げることは、その他の世界各地の優秀な研究者にとってはひどく不公平なことでしょうが、それでも研究の広がりや研究をしている人のことを知ることは良いことでしょう。

米国では、すべての主要な研究大学で少なくとも一人の教員が量子情報の広い領域で活動しています。地域に特化したセンターもあります。私たちは、スタンフォード大学、ハーバード大学、ジョージア工科大学、デューク大学、イェール大学などの研究者と協力してきました。NIST、ARL、ORNL、Sandiaなどの政府機関の研究所では、独自の内部取り組みを行い、研究資金を大学や企業に配布しています。

日本では、理研、NICT、産総研、NIIなどの政府機関が強力なグループを持っています。大学名を挙げると東京大学、大阪大学、京都大学、東京工業大学、東北大学といった重要な国立大学や、慶應義塾大学、早稲田大学、立命館大学、学習院などの私立大学があります。これらの機関はすべて2000年以前から貢献しており、世界各地の研究者を集めています。

カナダでは、ウォータールー大学とペリメータ理論物理研究所(ワーテルロー市)、モントリオール、U.トロント、カルガリー、ブリティッシュ・コロンビアでは長年にわたって著名なプログラムがありました。 この分野は、政府だけでなく、ウォータールーとペリメータの量子コンピューティング研究所の資金を提供したMike Lazaridisのような慈善家からの寛大な支援から利益を得ています。

ヨーロッパには大学を基盤とした強力な研究コミュニティがあります。英国では、オックスフォード、ケンブリッジ、リーズ、ブリストル、ヨーク、エジンバラが素晴らしい仕事をしています。フランスでは、カレッジ・ド・フランス、パリ・テレコム、および他の地域の研究者が、スイスではジュネーブで、オーストリアでは、インスブルックとウィーンが有名です。デルフト工科大学は、オランダでいくつかの実験技術のリーダーです。

オーストラリアのUNSW、メルボルン、マッコーリー、クイーンズランドの研究者は、南半球での研究の多くを担っています。

この略式のリストが、私たちが挙げなかった多くの研究者(そしてさらには国々)に不満を抱かせるようなものであることは間違いありません。特定の場所や機関に興味がある場合は、webで検索すると研究者や教授が出てくる可能性が非常に高いでしょう。この分野はまだ発展途上なので、研究者は若いが、世界中の他の人とよくつながっている可能性が高いはずです。

Share this article:

This article is from the free online course:

Understanding Quantum Computers

Keio University