Want to keep learning?

This content is taken from the Keio University's online course, Understanding Quantum Computers. Join the course to learn more.

Venture Capital

We have discussed research supported by governments and conducted both in universities and in national labs or government institutes, and in the laboratories of several major corporate research labs, where most of the fundamental ideas have arisen. The research and education system is healthy, with teachers, students, conferences, and journals. We have seen that both startup companies and the large corporations are moving to bring systems into the market. The final participant in a functioning ecosystem is capital: without money, companies cannot grow and thrive.

Quantums-focused funds

At least two venture capital funds have been initiated, with funds of around US$100M each, in the last few years. Mike Lazaridis, an entrepreneur who founded Research in Motion (maker of the Blackberry phone), not only has supported research at the University of Waterloo and the Perimeter Institute, in 2013 he and Douglas Fregin started a venture fund named Quantum Valley. The second, Quantum Wave Fund, has offices in Boston, New York and Moscow, and was founded in 2012 with an interest in quantum technologies, though its existing investment portfolio does not yet include quantum computing startups.

Other funds

D-Wave has been supported both by the Canadian government and more than fifteen different venture capitalists. Several rounds of funding have been announced publicly over the years.

Long-established venture capitalists, including NEA and GV, have invested in some of the startup companies we discussed in the last article.

Services

Venture capitalists (VCs) do more than just provide money; they also actively engage in the management of companies they fund, and connect the inventors with potential customers and other members of the venture capitalists’ network. The challenge for VCs is patience. Most VCs are accustomed to time scales of just a few years for their investments to pay off. In the Internet Age, many companies creating services accessible through web browsers or providing apps for mobile phones expect to have significant revenue streams and established customers, if not necessarily profits, within a few months, making it relatively easy to assess the value of and potential for the business.

Quantum technologies, in contrast, will require longer development times (and larger dollar amounts) from idea to product. Because the core technical concepts are alien to the classical computers, cell phones and Internet services we are accustomed to, everyone from customers to venture capitalists must learn new ways of assessing value, learning to see the business case for deploying the technology and recognizing what is technically feasible without always understanding the technical details. If you are a potential customer or investor, we hope that this course has provided you with some understanding of the technology to assist you in these decisions.




ベンチャーキャピタル

私たちは、大学、国立研究所、政府の研究機関などで政府に支援されて行われた研究、 基本的なアイデアの多くを生み出した主要企業の研究所の二つについて話してきました。 研究と教育のシステムは、教師、学生、学会、論文誌が存在することで、成り立っています。 また、私たちは、スタートアップ企業と大企業の両方が市場にこのシステムを組みこもうとしているのを見てきました。ここで機能している生態系に最後に参加してくるのは、資本です。 お金がなければ、企業は成長して繁栄することはできません。

量子集中型ファンド

ここ数年、少なくとも2つのベンチャーキャピタルファンドが開始され、それぞれ1億米ドルの資金が投入されています。 Research in Motion(Blackberry電話のメーカー)を設立した起業家であるMike Lazaridisは、2013年にWaterloo大学とPerimeter Instituteで研究を支援したばかりでなく、Quantum Valleyというベンチャーファンドを立ち上げました。 2番目の”量子ウェーブ”ファンドは、ボストン、ニューヨーク、モスクワにオフィスを構え、2012年に量子技術に関心を持って設立されましたが、既存の投資ポートフォリオにはまだ量子コンピューティングのスタートアップは含まれていません。

その他の投資

D-Waveは、カナダ政府と15以上の異なるベンチャーキャピタリストの支持を受けています。何年にもわたって数回の資金調達が公表されています。

前回の記事で取り上げたスタートアップ企業の一部に、NEAやGVなどのベンチャーキャピタリストが投資してきました。

サービス

ベンチャーキャピタリスト(VC)は単にお金を提供するだけではありません。彼らは積極的に彼らが資金を提供する企業の管理に従事し、発明者を潜在的な顧客およびベンチャーキャピタリストのネットワークの他のメンバーと結び付けます。 VCの課題は忍耐です。ほとんどのベンチャーキャピタルは、投資が恩恵を受けるまでにわずか数年しかかからないという時間のスケールに慣れています。 インターネット時代には、Webブラウザーでアクセス可能なサービスを作成したり、携帯電話用のアプリを提供している多くの企業が、収入が必ずしも必要ではないにしても、数ヶ月で収益を上げ、顧客を確立し、ビジネスの価値と潜在的可能性を比較的簡単に評価できることを期待しています。

対照的に、量子技術は、アイデアから製品が出来るまで長い開発時間(そして全体的に大きい金額の投資)を必要とします。

量子技術の技術的なコンセプトの核は、古典的なコンピュータ、携帯電話、インターネットサービスにとっては存在しなかったものです。顧客からベンチャーキャピタリストまで、誰もが価値を評価するためには、技術的な詳細に立ち入らずとも、実現可能なものを認識できるように、学ぶ必要があります。 あなたが潜在的な顧客または投資家であるなら、役に立つ技術について、このコースを通じて学びが得られたことを願っています。

Share this article:

This article is from the free online course:

Understanding Quantum Computers

Keio University