Want to keep learning?

This content is taken from the Keio University's online course, 古書から読み解く日本の文化: 和本の世界. Join the course to learn more.

Skip to 0 minutes and 3 seconds Here I will talk about the origins of book-type illustrated books. As I said earlier, throughout pre-modern times the custom in Japan was to include illustrations only in scrolls. However, that started to change in the second half of the 16th century when we see the appearance of the first illustrated books. What caused the change is not entirely clear. If we take a look at these books, these are pictures that were taken out of one such book, you can see the binding holes here, which tell us that they came from a fukurotoji book. The size is more or less the same as that of a large scroll.

Skip to 1 minute and 16 seconds Next to appear were this kind of wide-page illustrated books which are about half the size of the larger illustrated fukurotoji books. As this line of thread here shows, these were also bound using the fukurotoji method. You can see that they contain illustrations. They are about the same size of the smaller koemaki (small scrolls) that we discussed earlier. So just like picture scrolls, book-type illustrated books also come in a large size and in a smaller one about half the size of the larger type. But why was fukurotoji binding, of all the available binding methods, preferred for illustrated books?

Skip to 2 minutes and 26 seconds The thing to remember is that just as in scrolls only the inner side of the paper is used, so in fukurotoji books the leaves are first folded in two, and only the outer side is written on. So what scrolls and fukurotoji books have in common is that only one side of the paper is used. Similarly, if you have enough paper to make one of the smaller koemaki, you can also make one of the smaller fukurotoji. It is conceivable that this is how the first book-type illustrated were created. Having moved their first steps in the Muromachi period, book-type illustrated books reached the peak of their popularity in the Edo period (17th century onwards) when they were produced in huge numbers.

Skip to 3 minutes and 36 seconds Picture scrolls did not die out but continued to exist alongside them.

絵入り冊子本の登場

16世紀ごろから、冊子本に挿絵が入れられるようになってきました。全ての絵入り本は「袋綴」で作られていました。まず以下のテキストを読み、佐々木教授が例を示して説明しているビデオをご覧ください。

先にも触れたように、日本では絵は巻子装に保存することが慣例として強く意識されたようで、難しいことではないはずなのに、冊子本に挿絵が入れられることは長らく行われませんでした。そのためもあり絵巻が多く作製されたのです。ただし、先に注意した様に、中国の版本を写すなどした図を有する冊子本の写本は、鎌倉時代以降の例が確認されています。冊子本に挿絵が存在している古い例は、鎌倉時代の13世紀に作られた『源氏物語』の粘葉装写本が確認できるにすぎません。

ところが室町後期の16世紀になると、俄に冊子本の絵入り本が製作されるようになってきます。注目すべきはその装訂で、この時期の絵入り冊子本はみな袋綴なのです。またその大きさに注意すると、大きなものと、高さがその半分のものとがあることに気付かされます。半分の高さのものは横幅の方が長いので「横本(よこほん)」と呼ばれます。

慶應義塾大学所蔵の大型の例を確認してみると、まず16世紀のものとして、『扇合物かたり〈花鳥風月〉』(図1)があります。大きさは 27.4×21.7cmとやや小振りのものです。16世紀末から17世紀初め頃のものである、『四十二乃物諍』(図2)は、大きさは31.9×25.0cm とかなり大型です。

illustrated books 図1.『扇合物かたり(花鳥風月)』
Click to take a closer look

illustrated books 図2.『四十二乃物諍』
Click to take a closer look

一方横本の例をみると、17世紀初めの『毘沙門の本地』(図3)は、大きさが16.5×24.6cmです。近い時期の『祇王』(図4)は、やや大振りで 18.5×25.6cmもあります。

illustrated books 図3. 『毘沙門の本地』
Click to take a closer look

illustrated books 図4.『祇王』
Click to take a closer look

この袋綴本の2つの高さに注目すると、先に確認したように絵巻にも2つの高さがあることと共通していることに気付かされます。このことの理由を考えると、絵巻物を作るための料紙を半分に折って、絵入り袋綴本を作製したらしいことが判るのです。巻子装と袋綴は基本的に紙の片面しか使用しない装訂であり、その点で料紙を流用することも簡単であったと思われるのです。

少数ではありますが、この2つの大きさ以外の絵入り袋綴本も存在しています。これは『常盤の姥』(図5)ですが、19.3×21.5cmとやや桝型に近い特殊な大きさをしています。続いて、『磯崎』(図6)は、25.8×34.0cmもあり、大型の絵入り冊子本を横にしたような大きさなのです。

Illustrated Books 図5. 『常盤の姥』
Click to take a closer look

Illustrated Books 図 6. 『磯崎』
Click to take a closer look

ビデオで紹介した書籍

Books on the table

1. 竹取物語 2. 大型絵入本挿絵断簡二種その一 3. 大型絵入本挿絵断簡二種その二
4. 中しやう姫 5. ふんしやう 6. 花鳥風月

Share this video:

This video is from the free online course:

古書から読み解く日本の文化: 和本の世界

Keio University