Skip main navigation

薬剤耐性の世界的負担

A video describing The Global Burden of Resistance by small-r, and an article by Dr David Jenkins.

「small-r」が制作した、医師が患者を治療する能力に薬剤耐性が及ぼす影響について解説する「薬剤耐性」ビデオのこのクリップを視聴してください。クリップを視聴したら、Dr ディヴィッド・ジェンキンスの次の記事を読んでください。

2014年、WHOは全世界の薬剤耐性に関するレポートを公開しました。この調査では、抗菌薬耐性の範囲に関するデータと、薬剤耐性を獲得した細菌が引き起こす感染症の種類と数に関するデータの主なギャップが明らかになりました。

懸念される問題には、世界の一部の地域における微生物学検査室の欠如、および検査室の感受性試験方法の違いが含まれていました。一部の検査室で感受性と記載されている細菌が、さまざまな検査プロトコルを用いる検査室では耐性に分類される場合があります。検査する臨床検体の種類、テストする細菌分離株の数、調査する抗菌薬の範囲にもばらつきがある場合があります。検査室が少ない国では、感受性レポートは国内の限定された区域の状況のみを反映している場合があります。

WHOはレポートをまとめるために、各国の保健省、国家参考研究所、公衆衛生機関にサーベイランス情報を求めました。これらの機関がデータを提供できない場合は、非公式ネットワークと公開された記事からのサーベイランス結果が求められました。

WHO文書の重要な点は、選択された細菌と抗菌薬の組み合わせに関する耐性データが入手可能になったことです。データの最大のギャップは、アフリカ、中東、EU以外の欧州諸国に見られました。

このレポートは7つの異なる細菌種にフォーカスしています: 大腸菌、肺炎桿菌、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌肺炎、非腸チフス性サルモネラ種、赤痢菌種、淋菌、およびそれらの臨床的に重要な抗菌クラスに対する感受性。重要なメッセージは、薬剤耐性は確かに世界的な問題だということでした。WHOのすべての加盟国と地域が薬剤耐性に関する問題を抱えていますが、感受性に関する情報は数か国からしか得られていないため、薬剤耐性の範囲は不明です。

ただし、世界の一部の地域では、サーベイランスを実施するための積極的かつ組織的な措置が講じられていることは指摘しておく価値があるでしょう。2つの良い例は、欧州疾病予防管理センター (ECDC) が主催するReLAVRA (中南米の薬剤耐性サーベイランスネットワーク) とEARS-Net (欧州の薬剤耐性サーベイランスネットワーク) です。

ECDCによる抗菌薬耐性サーベイランスの例では、ヨーロッパ中の集中治療室で感染症を引き起こしている特定の細菌の蔓延が報告されています。全体像に見られるのは薬剤耐性の増加です: 1年間で、MRSAに起因する黄色ブドウ球菌感染症は36%から46%に増加しました。2009年から2010年にかけて、第3世代セファロスポリンに耐性のある大腸菌による感染症の割合は、16%から23%に増加しました。また、これらの抗生物質に耐性のあるクレブシエラ種による感染症の割合は、28%から38%に増加しました。アシネトバクター種感染の90%近くが、この微生物による感染症を治療するための最後の手段とみなされることの多い抗生物質、カルバペネムに耐性がありました。世界的な薬剤耐性危機のエビデンスは圧倒的です:

  • 米国では、院内感染による毎年99,000人の死亡の大半が耐性菌によるものであり、これらの感染症の管理にかかる年間コストは、年間340億ドルにものぼります。
  • 欧州では、薬剤耐性菌が年間25,000人の死亡の原因となっており、250万日分の追加の入院費用がかかっています。コストは、年間6億日の生産性損失が一部原因で、年間およそ15億ユーロとなっています。
  • 発展途上国も薬剤耐性により、大きな打撃を受けています: タイでは毎年14万件以上の抗生物質耐性感染症によって3万人が死亡しています。パキスタンでは、新生児の感染症の71%が耐性菌感染症によるもので、ペルーとボリビアでは、院内感染のほとんどが抗生物質耐性菌によるものです。
  • 世界経済フォーラムの2013年グローバルリスク報告書では、大量破壊兵器の無制限の拡散と世界経済のメルトダウンに匹敵するものとして抗菌剤耐性が位置づけられました。

この報告書は、人々が当然のように、抗生物質が今後も必要なときにいつでも入手可能であると考え、高所得国においてさえ、生涯抗生物質を必要としない人はほとんどいないと考えていることを指摘しています。

そのため、薬剤耐性の発現と蔓延は、私たち全員に恐怖を引き起こすはずです。

あなたの国、ロケーション、または組織の状況をどの程度知っていますか?あなたの国、ロケーション、または組織のその他の人たちはこの状況について知っていますか?

薬剤耐性のビデオの詳細はこちらをご覧ください

This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education