Skip main navigation

分母については?

What about the denominator?

適切な分母を選択することの重要性に関する、この非常に短いビデオクリップをご覧ください。

ここまでで、抗生物質の使用量を測定する方法について考察しましたが、それは話の一部にすぎないかもしれません。それが時間と共に変化するかの指標を得るために、生のDDDデータを見直すことは有用です。

病院の患者統計数の変化が、観察される違いの主な原因なのかもしれません。経時的に、また病院、地域、国などの地理的領域で使用量を測定できるようにするには、共通の分母が必要です。抗生物質の使用量を正規化し、率で示すことは、入院患者数や入院期間などの病院活動の変動を説明するのに役立ちます。

それにはどのようなオプションがあるでしょうか。

病院の抗菌薬適正使用支援プログラムで最もよく使用されている分母の1つは、患者入院日数または在床日数です。これには病床の使用に関する情報が必要です。

米国感染症学会と米国医療疫学学会による抗菌薬適正使用支援の重要なガイドラインでは、DDD/1000患者入院日数を病院ベースの抗菌薬適正使用支援プログラムの測定単位として推奨しています。

分母について検討する際には、病院でこの種の病院活動データに簡単にアクセスできるか考えてください。

This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education