Skip main navigation

ポール・バタルデン教授

Video with Paul Batalden

ポール・バタルデン教授は、品質改善部門の学問を発展させた功績を認められ、2010年に米国品質協会よりデミング・メダルを受賞しました。

バタールデン教授は、改善科学分野の専門家の国際的ネットワークである、Health Foundationの改善科学開発グループの議長を務めています。この組織は、アイデアや知識を共有することで、国際的な学問分野としての改善科学の発展に貢献しています。

このビデオでは、米国ダートマスのガイゼル医科大学ダートマス研究所の名誉教授であるバタルデン教授が、効果的な抗菌薬適正使用支援プログラムを実施するために、微生物学や創薬以外の分野の手法を採用する必要性について概説します。

バタルデン教授がこのビデオで説明している概念は、下の「以下も参照してください」のセクションにある彼の論文「What is quality improvement and how can it transform healthcare (クオリティ改善とは何か、それによって医療をどのように変えることができるか)」でも説明されています。

This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education