Skip main navigation

行動変容技術 (BCT) とModel for Improvement (質向上モデル)

Prof Peter Davey discusses how to use the Model for Improvement and BCTs

このビデオでは、ピーター・デイヴィー教授が、行動変容技術 (BCT) を用いて介入における質向上モデルをサポートする方法を説明します。

ビデオを見る前に、ステップ3.6で検討するよう求められた、あなたの勤務先の抗生物質処方を改善するための介入を見直してください。

あなたは、この改善の目的と測定について検討するよう求められました。ステップ3.9では、これらの改善を行うために必要な情報を得られるか確認するために、測定をテストする方法を問われました。

このビデオでは、デイヴィー教授が第3週目の演習を基に、次の質問をすることで、質向上モデルを用いて介入を計画する方法を説明します。

  • 私たちは何を成し遂げようとしているのか?
  • 変化が改善であることを知るための方法は?
  • 改善をもたらす、どのような変革を行うことが可能か?
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education