Skip main navigation

4週目にようこそ

In this video Prof Nathwani welcomes you to Week 4: Emerging Strategies in antimicrobial stewardship

このビデオでは、ナスワニ教授が今週の主任指導者、Dr パーニョDr ハットナーに代わって第4週目にあなたをお迎えします。彼は続いて今週の学習内容の重要性について説明します。

抗菌薬を最適に使用するためには、処方者が抗菌薬の処方決定プロセスにおいて、関連する臨床・検査室・微生物学・薬理学データを入手して統合することが必要です。

臨床的決定に直面する時、不確実性は、最適な抗菌薬処方に最も影響を及ぼす障壁の1つです。したがって、診断の不確実性を減らし、個別化された治療を促進する可能性のある新しい戦略が緊急に必要とされています。

今週は、不確実性を最小限に抑えるために、有用な情報を取得し統合するために処方者を支援するいくつかの新しい主な戦略にフォーカスします。今週紹介する戦略はどれも有望ですが、重大な障害にも直面しています。

病因 (原因) 診断、バイオマーカーの役割、薬物動態学/薬力学 (PK / PD) 最適化、および抗菌薬適正使用支援をサポートする臨床意思決定支援システムについて議論します。

今週の内容を完了することで、次のことを達成できます:

  • 抗菌薬の使用を改善するための主な戦略としての、原因診断、バイオマーカー、PK / PDの原理、および臨床意思決定支援システムの有用性、制限、および適用性を理解する。
  • 病院でこれらの戦略を実施することの難しさ、およびその実施を慎重に計画する必要性を理解する
  • 抗菌薬を処方する際に、これらの戦略を統合し始める。

いくつの講座を修了したか、進捗状況のページで見ることができます

This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education