Skip main navigation

事例紹介(抗菌薬適正使用を推進する地域の活動)

Professor Hiroshige Mikamo discusses the local case study in more detail.

愛知医科大学の三鴨廣繁教授です。

東海血流感染ネットワークで作成した血流感染マネジメントバンドル2019について紹介します。

  • 血流感染マネジメントバンドルはプロセスバンドルとストラクチャーバンドルの2つのパートで構成されています。プロセスバンドルは原則として個別事例での対応状況を、ストラクチャーバンドルは原則として病院全体の状況を評価するものとなっています。
  • 各施設の評価に関しては、プロセスバンドルとストラクチャーバンドルを合計するのではなく、それぞれのパートで遵守率を出すように設定されています。
  • これにより、各施設で改善すべき項目が明らかになり、個別事例ではどの点を修正していくべきかなどが明らかになります。

  • 血流感染マネジメントバンドル(参照日2020/12/15)。

次のステップでこの活動について考えてみましょう。

This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education