Skip main navigation

伝達性耐性菌

An article about Transferable Resistant Bacteria from the University of Dundee.
close up of bacteria
© UoD and BSAC

耐性菌はまた、人から人に直接または間接的に伝達される場合があります。多剤耐性菌による多くの感染症は、その前にこれらの微生物の定着が起こります。

抗生物質耐性菌の人から人への感染は、特に病院環境における医療関連感染にしばしば関連付けられてきました。英国では、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) などの多剤耐性菌による感染症が、病院の医療の質のマーカーと見なされてきました。MRSA感染症のアウトブレイクが起きた英国の病院は、全国紙の一面で不衛生について批判されてきました。しかし、多剤耐性菌の伝播についてすべてを病院のせいにするのはあまりにも単純すぎます。

地域社会における抗生物質の使用も、耐性菌の発現と蔓延に大きな寄与しており、これに、しばしば個人の不衛生などの公衆衛生問題が加わります。

発展途上国では、人間の排泄物による食物や水の汚染、および下水と間近で接触するその他の機会も、耐性菌が蔓延する大きな要因となっています。糞便との接触は、大腸菌や、通常は腸内細菌叢の通常の構成要素であるクレブシエラ肺炎桿菌などの多剤耐性グラム陰性菌の伝播に著しく寄与します。

耐性遺伝子の伝達と耐性菌の伝達という、伝達性耐性の2つの機序は、いずれも抗生物質耐性菌の世界的な蔓延において重要な役割を担っています。2つの機序は互いに補完し合うため、多剤耐性感染症の発生と蔓延を抑制するには、両方に対処する必要があります。

この講座では、抗生物質の管理された使用を通じて抗生物質耐性菌の発現と蔓延を防ぐことを目的とする、抗菌薬適正使用支援に特に焦点を当てます。手指衛生、隔離、洗浄などの標準的な感染防止対策は、抗菌薬適正使用支援を補完およびサポートし、特に耐性菌の人から人への感染のリスクを減らすのに役立ちます。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education