Skip main navigation

何ができるか?

An article explaining what can be done to combat antimicrobial resistance.
words 'what's next?'
© UoD and BSAC

米国感染症学会は抗菌薬適正使用支援を次のように定義しています:

「最適な抗菌薬レジメン、用量、治療期間、および投与経路の選択を促進することで、抗菌薬の適切な使用を改善し、測定するために設計された調整介入。抗菌薬適正使用支援スチュワードは、抗菌薬の使用に関連する最適な臨床転帰を実現し、毒性やその他の有害事象を最小限に抑え、感染症の医療費を削減し、薬剤耐性株の選択を制限することを目指します。」

抗生物質を処方する人は皆、抗菌薬適正使用支援の原則に従って処方する責任があります。一方、医療機関の抗菌薬適正使用支援プログラムは通常、多専門的な抗菌薬適正使用支援チームにより運営されています。このチームの構成は、ローカルリソースによって異なります。推奨されるメンバーには、微生物学者および/または感染症医、抗菌薬専門薬剤師、感染管理看護師、病院の疫学者および情報システム専門家が含まれます。抗菌薬適正使用支援チームの業務は、処方実践と臨床転帰のサーベイランス、および最適な抗生物質処方を目的とする介入の設計と実施という2つの主な領域に分けられます。

サーベイランスには、抗菌薬の使用 (さまざまな量の測定と抗生物質処方ガイドラインの順守の測定)、生態学的影響 (抗生物質耐性測定とクロストリジウム・ディフィシル感染数)、臨床転帰 (罹患率と死亡率) などの測定プロセスが含まれます。介入は、構造的、説得的、制限的の3つの主なカテゴリーに分類されました (Davey Pらによる系統的レビューのコクランデータベース 2013)。

ページ下の「以下も参照してください:」のリンクから、Daveyらによるこの論文の最新版を入手できます。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education