Skip main navigation

行動におけるクオリティ改善

This article explains how to put quality improvement into action
%e8%a1%8c%e5%8b%95%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e8%b3%aa%e6%94%b9%e5%96%84
© UoD and BSAC

Dr ロブソンが述べた通り、入院患者の有害事象の発生率が高かったため、私たちは実践を改善し、エラーを減らし、ニアミス、ならびに訴訟費用、長い入院期間やリスクなど、その他の因子について理解するようになりました。

感染管理の分野では、侵襲性医療デバイスに関する介入、そして感染管理と抗菌薬処方に関する地域のポリシーの順守がクオリティ改善の焦点となっています。

Model for Improvement、リーン、シックスシグマなど、医療で活用されている、いくつかの質の改善法がありますが、いずれも類似の構成要素を用いています。

Model for Improvement は、3つの基本的な問いを基に、改善を加速するためのシンプルでありながら強力なツールを提供します:

  • 私たちは何を成し遂げようとしているのか?明確lな目的 – 何を、どのように、どの程度、いつまでに?
  • 変化が改善であることを知るための方法は?プロセスとアウトカムの測定。
  • 改善をもたらす、どのような変革を行うことが可能か?
  • 何をテストしたいか?先に進むにつれて何を学ぶことができるか?

このモデルは、改善をもたらす可能性のある変化をテストするための、PDSA (PLAN、DO、STUDY、ACT: 計画、実行、評価、改善) サイクルを使用します。この表に示される通り、PDSAを継続的なプロセスとみなすと便利です:

The model for improvement is shown as a process circle with four equal parts representing Plan, Do, Study, ACT. Plan= objectives, questions and predictions and who, when, how and where? Do = carry out plan, document problems and begin data analysis. Study = Complete data analysis, Compare to predictions, Summarise. ACT = Ready to implement? Try something else? Next cycle

質向上モデルは、計画、実行、評価、改善を表わす4つの等しい部分を持つプロセスサークルとして示されます。 計画 = 目的、質問、予測、誰が、いつ、どのように、どこで。 行う = 計画を実行し、問題を文書化し、データ分析を開始する。 調査 = 完全なデータ分析、予測との比較、要約。 ACT = 実施する準備はできているか。何か別のものを試してみるか。次のサイクル

クオリティ改善法についてより詳しく知りたい場合は、以下の資料を参照されることをお勧めします:

米国医療改善研究所 (Institute for Healthcare Improvement)

The Health Foundation

第5週目に、クオリティ改善の方法論に戻ります。

では、クオリティ改善のための測定を抗菌薬適正使用支援にどのように適用できるか、もう少し考えてみましょう。

収集しやすいプロセス測定を使用して、システムのステップが計画どおりに実行されているか確かめることができます。

  • 臨床スタッフ全員がポリシーを知っているか。治療現場でそのポリシーにアクセスできるか。
  • すべての患者が地域のポリシーで定められた適切な抗生物質を処方されているか。

ただし、変更の患者への影響を測定するアウトカム測定は、より価値があるものの、収集するのもより困難です。

使用されている抗生物質は、特定の感染症を効果的に治療できているか。例えば、臨床治癒率/死亡率/ ICU入院。

では次に、アウトブレイクシナリオに関連する臨床実践に、クオリティ改善の方法論を適用してみましょう。

目的

2015年10月末までに、ダンズウッド病院で泌尿器科手術を受けるすべての患者には、外科的予防のための正しい抗生物質が投与されます。

測定

  1. 泌尿器科手術が行われるすべての手術室における抗生物質ポリシーの可用性。
  2. 外科医、麻酔医およびその他の手術室スタッフが、抗生物質ポリシーを認識しており、ポリシーにアクセスすることができる。
  3. 泌尿器科手術に使用するすべての手術室に、ポリシーに記載されている抗生物質の十分な在庫がある。
  4. 泌尿器科手術を受ける患者は、手術前に適切なタイミングで、ポリシーで定められている抗生物質を所要および投与される。

これらはすべてプロセス測定です。泌尿器科手術を受けた患者の手術部位感染率は、より長期的なアウトカム測定の一例です。

テスト

  1. 関連するすべての手術室エリアにポリシーを表示/配置し、毎日そこにあることを確認する。
  2. すべてのスタッフと話し合い、彼らがポリシーについて認識しているか、また手術室内のどこでポリシーを参照できるか知っているか確かめます。テストのコミニケーション手段: 電子メール、対面、電話、臨床会議など。
  3. 抗生物質の在庫を、手術室スタッフが毎日/毎週チェックするか、薬局スタッフが毎日/毎週補充する。
  4. 患者の服用確認表/メモに記された抗生物質の処方と投与の記録の監査。最初に1人のスタッフでそれぞれの変革をテストし、次に複数のスタッフに拡大して、すべてのスタッフグループとすべての手術室でそれぞれの変革をテストするようにします。

いくつかのテストは失敗することになり、望ましい結果が得られないであろうことを覚えておくことは重要ですが、それも有用な学習であり、実践を改善するための新たなテストを考案するのに役立ちます。

「私は1000回失敗したわけではなく、電球を作らない1000の方法をみつけたのだ。」 (トーマス・エジソン)

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education