Skip main navigation

1日服用量の代用となるもの

What are alternatives to DDD?
Words - 'DDDs Alternatives'
© UoD and BSAC

より一般的に使用されている、DDDの代替手段の1つは、治療日数(DOT)です。

1DOTは、投与回数や有効成分含量に関係なく、任意の日に単一の抗生物質を投与することを表します。例えば、セフロキシムを1.5gの単回投与または750mgの3回投与として8時間間隔で投与した場合、どちらも1.0 DOTになります。

DOTを使用することで、DDDのいくつかのデメリットを克服できるかもしれません。これらは小児科で使用でき、推奨された用量/処方された用量の違いによる影響を受けません。ただし、2つ以上の狭域スペクトル抗生物質の組み合わせでは、単一の広域スペクトル薬剤よりもDOTが大きくなるため、単一の広域スペクトル抗生物質を使用する動機の問題が解決されるわけではありません。主なデメリットは、おそらく患者レベルの情報が必要なため、時間がかかり、測定が比較的難しいことでしょう。

抗生物質の使用を記述するその他の方法には次のようなものがあります:

コスト – これらのデータは入手が簡単で、管理者にとって一般的に理解しやすいものの、さまざまな製品の価格の違いや経時的変化のため、その計測単位としての有用性は限定されます。

– グラムなどの一般的な物理単位は簡単に得られ、DDDの生成に使用できます。

**処方された1 日投与量 **- 処方された1 日投与量 (PDD) は、処方研究、医療記録または薬局の記録、および患者への問診から決定できます。抗生物質が必要な感染症にPDDを関連付けることが重要です。国の治療ガイドラインに基づくため、PDDは国によって異なる場合があります。

本質的なデメリットにも関わらず、DDDは抗生物質使用サーベイランスで使用される、普遍的で標準化された測定基準として確立されました。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education