Skip main navigation

質の指標を使用する

Using prescribing quality indicators
© UoD and BSAC

では次に、抗生物質使用のパターンに関する定量的データと抗生物質使用の質に関する情報を使用して、実践における改善を推進するための処方指標を開発する方法を検討します。

抗菌薬処方指標は、抗生物質使用の質のレベルの指標となる、明示的に定義された測定可能な項目です。それらを用いて時間的推移、各ロケーション間、および介入の前後で傾向を測定することができます。構造、プロセス、アウトカムの3つの主な種類の指標があります。

構造的指標は、次のような抗菌薬適正使用支援に適した統治構造があるかどうかを測定します: 病院に定期的に会合を持ち、経営陣と上級管理職に報告し、行動計画を持つ抗菌薬チームがある

プロセス指標は、抗生物質使用のサーベイランスプログラム、監査プログラム、医療スタッフの教育など、抗菌薬適正使用支援で用いるシステムを測定します。

アウトカム測定は、抗菌薬適正使用支援プログラムの影響を測定します。制限された抗生物質の使用の (意図された) 減少や、推奨された抗生物質の耐性の (意図しない) 増加など、意図された結果と意図しない結果の両方に含める必要があります。

英国公衆衛生局のStart Smart Then Focusの刊行物に抗菌薬適正使用支援に適した指標が提示されています。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education