Skip main navigation

新しい診断検査の実施

Discussion
%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e8%a8%ba%e6%96%ad%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%96%bd
© UoD and BSAC

先に、Dr パーニョとDr ガルシアがビルのケースに関する微生物学的診断の所要時間について議論するビデオを見てもらいました。

彼らは、微生物の試料採取、輸送、処理、および臨床医と微生物学者のコミュニケーションを最適化することの重要性を指摘しました。

「新しい」診断検査の収率には大きなばらつきがあります。検査に固有の特性だけでなく、疫学的状況、微生物学検査室と検査結果を適用する臨床環境のキャパシティと利用可能性などの外部環境にも左右されます。

したがって、新しい診断検査は、次の表の推奨事項に従って、慎重に選択して実施する必要があります (原典: このページの下の「以下も参照してください」のセクションからアクセスできるBauerらの推奨資料) 。

3列で構成される表: 実施前、実施、および実施後。 1列目には、抗菌薬処方を改善するための制度的優先事項、病院の病原体と耐性蔓延の機序、および微生物学検査室のワークフローとの統合に基づいて、最も有用な新しい診断検査を特定することが推奨されます。 さらに、新しい検査が効果的な治療時間の改善に貢献すると想定される条件のプロセスとコストを評価します。データウェアハウスの担当者を通じて、ICD-9コードの死亡率テータによるコストを入手し、感染症専門医の診断を得るまでの時間と、30日以内の再入院率を取得します。 実施については、検査を選択します。これは、医療スタッフを教育し、介入と受容率を記録するために、微生物学者から医師および抗菌薬適正使用支援チームへの新しい検査結果の伝達を保証するためです。 検査実施後は、効果的な治療までの時間、中断またはデ・エスカレーションまでの時間、退院前の血液培養陰性結果の文書化、30日以内の再入院率と死亡率を記録する必要があります。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education