Skip main navigation

介入を設計する

Article
%e4%bb%8b%e5%85%a5%e3%82%92%e8%a8%ad%e8%a8%88%e3%81%99%e3%82%8b
© UoD and BSAC

手術のための予防的抗生物質投与予防は、手術部位感染を減らすために重要です。同時に、不必要に長期間の予防は患者に害を及ぼし、希少な医療資源を浪費することになります。

では、以下のシナリオに対して、介入を設計してください:

あなたが勤務する病院における監査によって、関節全置換術を受ける患者の78%のみが、手術室で切開前1時間以内に抗生物質の予防的投与を受けていることが示されました。ただし、予防的投与を受ける患者の34%では、これが24時間以上継続します。

あなたが設計する介入は、予防的投与の信頼性の2つの側面を改善するものでなければなりません:

  • 初期投与は、切開前1時間以内に行う必要があります
  • 予防は24時間以上継続してはなりません。

この演習を開始するには、下の「ダウンロード」セクションのフォームを使用してメモを取ります。次のステップでは、ピアレビューのために、この情報に基づいてあなたが設計した介入について、500語の要約を作成して提出するよう求められます。

まず、あなたのより高い目標は何ですか?あなたが設計する介入は、2つの治療プロセスの信頼性を改善することを目的としているため、これらの各治療プロセスに関するより高い目標を最低1つ定義する必要があります:

  • 切開の1時間前以内に外科的予防を受ける患者の割合を増やす
  • 24時間以上予防を継続する患者の割合を減らす

次に、明確な目標を定義する必要があります:

切開前1時間以内に外科的予防を受ける患者の信頼性を、日/週/月以内に —%以上に高める

予防を24時間以上継続する患者の割合を—日/週/月以内に—%以下に減らす

次に、これらの各目標に対するフィードバック計画が必要です。

これは、ステップ5.10のビデオで示された表の一部で、繰り返し行う必要のあるフィードバックの、頻度、形式 (書面または口頭、またはその両方)、提供 (誰からのものか) および内容 (どのようなものか) に焦点を当てています。

目標に向けた進捗状況に関するデータの単純なフィードバックは多少の改善をもたらしますが、システムを変えない限り、信頼性はおよそ80%に留まります。アクションプランを構成および報告するために、質向上モデルの「Plan Do Study Act ((計画、実行、評価、改善) 」を利用できます。システムの変更をテストするには、複数のPDSAサイクルを実行する必要があります。

下にリンクされている「介入設計シート」を使用し、あなた自身の介入の設計と関連付けて今週の学習内容を考察してください。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education