Skip main navigation

改善のために用いる測定

This article introduces the importance of a multidisciplinary organisational structure in infectious disease care.
Ams%e3%81%ae%e7%b5%84%e7%b9%94%e4%bd%93%e5%88%b6
© UoD and BSAC

測定とフィードバックを容易にするために、Excelベースの標準化された測定テンプレート/ツールで構成される「容易に達成できる目標」ツールキットが開発され、5つの介入のために2012年7月に発売されました。

使用するテンプレートの一部を以下に示します:

これは、介入の進捗状況を記録するために作成されたテンプレートの一部です。 テンプレートの見出しはASプロジェクト - 介入の順守追跡です。 5つの列で構成されます。 左側の列は週、続いてレビューした患者の数、順守されている患者の合計数、順守率、順守率の中央値を示します

(拡大するにはクリックしてください)

データが完成すると、フィードバック会議で使用する流れ図が生成されました。

これは、テンプレートへのデータ入力によって作成された流れ図です。 これは週毎の流れ図: 抗菌薬適正使用支援介入の順守率と題されています。 Y軸は順守率を0〜100の範囲で示し、X軸は各週を1〜40で記録します。 グラフは、28週目から40週目の間に順守が改善されたことを示しています

(拡大するにはクリックしてください)

パーセンテージはすべて、臨床薬局回診中に会った患者の割合で示され

  • 分母は病棟回診中に薬剤師が会った抗生物質を投与されている患者の数
  • 分子は特定の「容易に達成できる」介入が実施された患者の数です。
  • データは各病院で毎週照合されました
  • AMSプロジェクトマネージャーに毎月提出されました。

抗生物質の総消費量に対するAMSプログラムの影響を測定する方法として、1日服用量 (DDD) / 100病床日数を用いたWHO ATCインデックスが採用されました。3週目の「1日服用量 (DDD) を測定単位として導入する」を復習することもできます。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education