Skip main navigation

New offer! Get 30% off one whole year of Unlimited learning. Subscribe for just £249.99 £174.99. New subscribers only. T&Cs apply

Find out more

Introduction of Week 4/4週目のイントロダクション

Introduction of Week 4/4週目のイントロダクション
ここまでは、量子コンピュータについてやや抽象的な説明をしてきました。 当然ながら、私たちはそれらの概念や理論を実機上に構築し、利用したいと思っています。 前回までで、状態変数として光子、電子、原子および電流を用いて量子データを表す方法について学んできました。 今週は、各種の状態変数を作成・制御可能なデバイスについて学び、現実の量子コンピュータを構築する人々や企業について紹介していこうと思います。

実際には、量子ハードウェアは完璧なものとは言い難いでしょう。 しかしながらこれは通常の従来型のコンピュータについても言えることです。 量子コンピュータが正常に動作するために必須となるのがエラー訂正機能です。 これについて、関連するいくつかの重要な概念と、 従来型のコンピュータのエラー訂正との関係について説明していきます。

ハードウェアとエラー訂正の観点から量子コンピュータアーキテクチャの定義が可能になり、同時に重要な問題を解決するのに十分な規模のシステムを構築し始めることもできるようになります。 いくつかの主要なIT企業の中には創業以来量子コンピューティングの研究に携わってきた企業もあります。 現在、彼らは自らの使用と第三者への販売するという二つの目的のために実機の開発に取り組んでいます。 ベンチャーキャピタリストたちも量子コンピューティングに対する投資を既に開始しており、ここ数年でいくつもの新興企業が誕生しました。ここでは各プレイヤーの取り組みがいかにして有益な生態系を形成していくかが重要になります。こういった事情を理解するためにも、各々がどのように研究と結びついているかについて見ていきましょう。

© Keio University
This article is from the free online

量子コンピュータ入門

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Reach your personal and professional goals

Unlock access to hundreds of expert online courses and degrees from top universities and educators to gain accredited qualifications and professional CV-building certificates.

Join over 18 million learners to launch, switch or build upon your career, all at your own pace, across a wide range of topic areas.

Start Learning now