Skip main navigation

Week 2 の振り返り

Week 2 の振り返り
© Keio University

文化財の保存と活用の両立は簡単なことではありません。作品の性質やその作品が置かれている環境に合わせて、適切な取り組みを考えていくことが必要となります。

第2週では、大学内の建築文化財である旧ノグチ・ルームの保存と修復処置、活用の取り組みをお伝えしてきました。保存については、大学の教職員とアート・センターが連携し、学内作品について情報を共有していること、保存修復処置や定期的なメンテナンスについては専門家に依頼し、作品保護に有効な処置を実施していることをご紹介しました。そして旧ノグチ・ルームを実際に利用する際の心構えや家具の扱い方などについて学びました。活用については、学生向けのワークショップや学内外向けの建築ツアー、展覧会協力や現代芸術の公演など、大学内でのさまざまな活用発信事例をみてきました。

今週の学びが、文化財を一層丁寧に扱い、長く良い状態で保存するきっかけとなれば幸いです。そして皆さんから寄せられたさまざまなアイディアは、旧ノグチ・ルームに限らず、保存と活用のバランスをとりながら大学の建築文化財を管理・運用していく上で有益なヒントとなるはずです。

© Keio University
This article is from the free online

Invitation to Ex-Noguchi Room: Preservation and Utilization of Cultural Properties in Universities――旧ノグチ・ルームへの招待:大学における文化財の保存と活用

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education