Skip main navigation

Hurry, only 2 days left to get one year of Unlimited learning for £249.99 £174.99. New subscribers only. T&Cs apply

Find out more

様々な学問との融合

様々な学問との融合
© Keio University

江戸時代の学問の特徴として、朱子学ではない学問を大成する学者も現れたことがあります。

朱熹の解釈で読むのでなく、直接、聖人孔子に戻って『論』」に触れる一派(古学派)が現れ、伊藤仁斎(1627~1705)は『語孟字義』(fig.1)を著し、荻生徂徠(1666~1728)は『論語徴』(fig.2)を著しました。

Old Book Fig.1 『論語古義』
Click to take a close look

Old Book Fig.2 『論語徴』
Click to take a close look

そして、江戸時代後期には、朱子学や古学をも吸収して、文献の意味を客観的に考証する、考証学が勃興します。その祖とも言える松崎慊堂(まつざきこうどう 1771~1844)が読んだ『論語』(fig.3)もあります。満紙メモを加えて考証する姿勢が伺えます。

Old Book Fig.3 『論語』江戸刊・松崎慊堂書入
Click to take a close look

『論語集説』(fig.4)はかつての漢文教科書『漢文体系』に収録された、安井息軒(やすいそっけん 1799~1876)の自筆原稿です。息軒は、徂徠学の父に学び、江戸で古賀侗庵(こがとうあん 1788~1847)に朱子学を学び、松崎慊堂に考証学を学びました。そして明治以降の漢学の大御所となりました。『論語』の注釈にもその流れがはっきりと伺えます。

Old Book Fig.4 『論語集説』
Click to take a close look

こうして、『論語』は、平安時代から秘説として神聖化されてきた位置を、知識教養の基礎文献という位置に変え、人々を感化する智恵となって、今に読まれる永遠のベストセラーになったのであります。

書籍情報と高品質画像は特設サイトでご覧ください。

© Keio University
This article is from the free online

古書から読み解く日本の文化: 漢籍の受容

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Reach your personal and professional goals

Unlock access to hundreds of expert online courses and degrees from top universities and educators to gain accredited qualifications and professional CV-building certificates.

Join over 18 million learners to launch, switch or build upon your career, all at your own pace, across a wide range of topic areas.

Start Learning now