Skip main navigation

漢籍のまとめ

漢籍のまとめ
© Keio University

ここまでのステップで、漢籍およびそこから派生する禅僧の著作を、つぎのように分類しました。

カテゴリ Step
A. 初学書(幼学書) Step3.3
B. 唐や宋の代表的な詩人の詩集 Step3.4
C. 類書等の参考書 Step3.5
D. その他の漢詩文集 Step3.6
E. 日本禅僧による類書 Step3.7
F. 日本禅僧による中国漢詩文集 Step3.8
G. 日本禅僧によるA・Bの注釈書 Step3.9
H. 日本禅僧の作品集 Step3.10

AおよびBは禅僧による学習および注釈の対象となり、C・Dから情報を付加されていき、Gへと成長します。E・FはAからDまでの全ての書物を対象として、情報の抽出・分類がなされ、それがGへと活かされます。そして、最終的に、これら全てがHと深く関わっています。

block diagram expressing relationships among types of text 図1 各種著作物カテゴリの関係

このように、禅僧たちは、特定の書物を権威化することなく、自由な態度でその内容を学び、注釈を行い、また創作に活かしています。次に続くステップでは、そのような自由な態度を、注釈の内容において具体的に見てみたいと思います。

あなたの文化圏のおいて、書物やテキストに関する類似した現象はありますか?

© Keio University
This article is from the free online

古書から読み解く日本の文化: 漢籍の受容

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education