Skip main navigation

究極のチーム

An article describing The Ultimate Team for antimicrobial prescribing by Mr Mark Gilchrist and Dr Gavin Barlow
3D colourful ball shape made of cardboard squares
© UoD and BSAC

必ずしも全員が感染症の専門家とは限らない、多様な経験と技能を持つ医療従事者が抗菌薬管理チームに加わり、抗菌薬適正使用支援活動に取り組むことが重要です。

あなたのチームに誰が(望ましいではなく)不可欠であるかを決める必要がある場合、次のリストから誰を選びますか?

  • 年配の外科医
  • 顧問微生物学者および/または感染症医
  • 看護師長/年配の看護師
  • 年配の薬剤師および/または感染症/抗菌薬専門薬剤師
  • 疫学者/統計学者/データハンドラー

多数の分野にまたがるコミュニケーションと協力を伴う包括的なプログラムが、抗菌薬適正使用支援を成功させるための鍵となります。

議論の余地はあるものの、抗菌薬適正使用支援チームの中核的 (必須} メンバーには、微生物学者または感染症医と、抗生物質/感染症について学んだ臨床薬剤師を含める必要があります。

以下を含む追加のメンバーは、チームが最適に機能するのを助けます:

  • 微生物学者または感染症医 (コアチームと地域の病院にどの専門分野の人材が不足しているかによる)
  • 情報システム専門家
  • 感染管理専門家
  • 病院疫学者
  • 年配の看護師

勤務先の抗菌薬適正使用支援の問題の性質に応じて、またチームが利用可能なリソースを用いてこれらの問題にどのように対処する予定かによって、一般医や外科医、若手医師などのその他の医療従事者と、患者代表がチームにいることが望ましい場合があります。

このプログラムは、確立されたクオリティ保証/臨床ガバナンスおよび/または患者の安全プログラムの後援の下で機能し、病院の感染予防・管理委員会および薬局/治療委員会と緊密に連携する必要があります。

抗菌薬適正使用支援を成功させるには、病院の経営陣、医療スタッフリーダー、地域の医療提供者との協力、合意、関与も重要です。第1週のシナリオのビデオでは、抗菌薬適正使用支援チームと外科医たちの関与の欠如と希薄な関係が示唆されており、その後の危機に寄与したと考えられます。

第5週目に、抗菌薬適正使用支援における行動変革の科学、役割、および重要性について考察します。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education