Skip main navigation

ビルの感染症の原因病原体を診断する利点

An article describing the benefits of diagnosing the causative agent(s) of Bill's infections.
Close up of various antibiotic pill packets
© UoD and BSAC

ビルは敗血症で、病状の原因となる微生物に対して活性な抗生物質から明らかに利益を受けています。

抗生物質への繰り返しの曝露を考えると、抗生物質耐性菌による感染症にかかるリスクはかなり大きくなります。実際、これが彼に広域スペクトル抗菌薬を処方する必要がある主な理由です。

  • 広域スペクトル抗生物質を使用しているにもかかわらず、選択された抗菌薬は、特に多剤耐性菌と広範囲薬剤耐性菌の発生率が高い環境では有効ではない可能性があります: 迅速な細菌同定と感受性プロファイルの決定は、最適な抗生物質治療の迅速な投与を保証するための鍵となります。原因細菌のカバー範囲が不適切な場合、死亡率の増加や入院期間の長期化など、患者の負の転帰につながることがあります。
  • 逆に、ビルの敗血症が抗生物質感受性菌に起因する場合は、原因菌とその抗菌薬感受性を知ることは、病原体を標的にするために不可欠です。それにより、耐性菌の発現と蔓延に寄与する不必要にスペクトルの広い抗生物質の使用を避けることができます。

微生物学的診断は、その収率を高めるために積極的に追求し計画する必要があります。また時間も重要です。これは迅速な診断を得る必要があるからだけではなく、特に培養用の生体試料を採取する前に抗菌薬の投与を開始した場合、検査の収率が時間とともに低下する恐れがあるためです。微生物診断を犯罪現場捜査 (CSI) であると考えてみましょう。現場に手が加えられた場合 (抗生物質)、捜査 (微生物診断) に影響を及ぼす可能性があります。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education