Skip main navigation

New offer! Get 30% off one whole year of Unlimited learning. Subscribe for just £249.99 £174.99. New subscribers only. T&Cs apply

Find out more

実践における新しいテスト: 臨床試験

Discussing the paper, "Randomised Trial of Rapid Multiplex Polymerase Chain Reaction-Based Blood Culture Identification and Susceptibility Testing"
close up of staph aureus bacteria
© flickr photo by NIAID shared under a Creative Commons (BY) license
2015年に、陽性の血液培養ボトルに適用された迅速診断検査 (マルチプレックス、リアルタイムPCR) の影響を評価するための臨床試験の結果について詳述する、Banerjeeらによる「Randomised Trial of Rapid Multiplex Polymerase Chain Reaction-Based Blood Culture Identification and Susceptibility Testing (迅速マルチプレックスポリメラーゼ連鎖反応に基づく血液培養同定検査と感受性試験のランダム化試験)」と題する論文が発表されました。臨床試験に含まれるもの:

  • 従来の血液培養検査治療群
  • 新しい迅速診断検査治療群、および
  • 新しい迅速診断検査と抗菌薬適正使用支援チームとの直接コミュニケーションの組み合わせ。

新しい迅速検査を使用した治療群では従来の治療群と比較して、診断に要する時間が大幅に短縮されました。

ただし、迅速診断検査と抗菌薬適正使用支援介入を組み合わせた場合、合理化は有意により早く達成されました。

著者が出した結論は次の通りです:

「このランダム化試験では、血液培養同定 (BCID) 検査で病原体同定に要する時間が短縮されたが、BCID検査に抗菌薬適正使用支援を組み合わせた場合にのみ、抗菌薬の適切なデ・エスカレーションとエスカレーションの時間が短縮された。迅速血液培養診断と共に抗菌薬適正使用支援を実施すべきである。」

正確な微生物学的診断が必ずしも適切な抗菌薬処方につながるとは限りません。知識 (認識) と行動 (振舞い) は異なる次元に属します。 これは、この臨床試験で観察された、知っていることと実行することのギャップを説明しています。

患者が広域スペクトル抗菌薬で良好な臨床経過を辿っている時に、なぜ抗菌薬治療を変更するのですか?

なぜなぜ上手く行っているものを取り替えるのですか?

これらは、デ・エスカレーションを検討する際に処方者の間で最も多く出される疑問です。処方者にデ・エスカレーションの動機を与える必要があります。処方者に抗菌薬治療を合理化する動機を与える最善の方法は、一方で臨床的有効性を保証しつつ、的を絞った治療の生態学的利益について彼らを教育することです。

次の第5週目で学ぶように、処方を変える (行動変革) には、知識不足以外に、いくつかの障壁があります。

抗菌薬適正使用支援はその運用方法として、それらに対処します。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Reach your personal and professional goals

Unlock access to hundreds of expert online courses and degrees from top universities and educators to gain accredited qualifications and professional CV-building certificates.

Join over 18 million learners to launch, switch or build upon your career, all at your own pace, across a wide range of topic areas.

Start Learning now