Skip main navigation

データの標準化とフィードバックの重要性

This article provides further reading for evaluation measures.
%e8%a3%9c%e8%b6%b3%e6%83%85%e5%a0%b1
© UoD and BSAC

介入を確実に成功させるために、実施中に次のことも行いました:

  • 抗生物質の総消費量の10%の持続的削減 (アウトカム目標) と、6か月後と12か月後の少なくとも3分の1と3分の2の施設への実施拡大目標 (普及目標) から構成される、グループの測定可能なAS目標の公式化。
  • 自己モニタリングと最終的にアウトカムフィードバックを促進するために、薬剤師向けの標準化された手法と「容易に達成できる目標」ツールキットが開発され、対面の地域トレーニングワークショップを通じて立ち上げられました。(ステップ6.6を参照)
  • 標準化されたグループ全体のモニタリングのためのデータの提出が最初は推奨され、その後パフォーマンス管理評価の一部となりました
  • 複数のグラフと比較表を使用して、毎月すべての病院に、実施の進捗状況と抗生物質消費量の変化に関するフィードバックを電子メールで提供しました。

フィードバックの重要性については、第3週目の測定と第5週目の行動変革の両方で言及されています。デイヴィー教授が次の表について説明しました:

これは、第5週にデイヴィー教授が説明した「フィードバック」を示す表の一部です。 これは、フィードバックの頻度、形式、伝達方法、および内容が各目標に対して明示的でなければならないことを学習者に思い出させます

目標設定に関する病院の自己モニタリングに続いて、(予定される次回のAMS委員会の会合の前に) 、薬剤師が毎日の監査活動に費やした時間、的を絞った介入の実施回数、実現した改善、および個々の病院の抗生物質消費への影響を組み込んだ、アクションプランが採用されました。

第5週のBCTチェックリストを下のPDFで参照することもできます。

© UoD and BSAC
This article is from the free online

抗菌薬適正使用と薬剤耐性管理

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education