Skip main navigation

空押し

空押し

「空押し(からおし)」は、唐紙と同様に模様を彫った版木を用いますが、絵の具を塗って模様を印刷するのではなく、版木の上に置いた紙に圧力を掛けることによって、版木の凸凹を写しとる技法です。

李氏朝鮮における活字印刷本の表紙にはこの技法が用いられており、今日でも版木を見ることができます。日本には16世紀末頃にこの技術が伝わり、特に17,8世紀頃の版本の表紙に良く用いられました。日本の空押しの表紙は、技法は同じでも模様自体は朝鮮のものとは異なるものが多く、日本人の好みが反映されていると考えられます。

ビデオを通して見比べてみてください。

ビデオで紹介されている書物

books on the table

This article is from the free online

古書から読み解く日本の文化: 和本を彩る和紙の世界

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Reach your personal and professional goals

Unlock access to hundreds of expert online courses and degrees from top universities and educators to gain accredited qualifications and professional CV-building certificates.

Join over 18 million learners to launch, switch or build upon your career, all at your own pace, across a wide range of topic areas.

Start Learning now