Want to keep learning?

This content is taken from the Keio University's online course, 古書から読み解く日本の文化: 漢籍の受容. Join the course to learn more.

Skip to 0 minutes and 7 seconds Texts have two primary functions: one is to give a stable form to words, which are by nature volatile and transient; we may call this function “giving material form to people’s thoughts.” The other is to give someone’s words wider circulation by reproducing them; we may call this second function “giving a larger audience to ideas.” In other words, texts are one of the mediums that connect people’s thoughts across time and space. In the textual medium, the message―a long and carefully structured segment of text―is encoded in words and images. Text reproduction is not an abstract process. Here I have prepared three books. They are three different editions of the same book, the Shijing which were published during the Edo period (1603-1868).

Skip to 1 minute and 9 seconds If we look inside, we can see that they are all woodblock printed editions produced at different points in time, specifically, one in the early, another from the middle, and then late Edo period. Thus, we can say that books not only bridge the geographical gap between different places (China and Japan), but also connect different points in time as well. Since the beginnings of history, people living in different parts of the world have been exchanging ideas through texts and developing their own unique cultures. We are going to define cultures that have placed a high importance on texts as “textual cultures.” East Asia, of which Japan is part, possesses an incredibly rich textual culture with a very long history.

大乗仏教

東洋の書籍文化の来し方を振り返る時、大乗仏典 の普及を抜きにして語ることはできません。しかし、本題に入る前に、ビデオをご覧いただき、そもそも本とはどのような役割があるのか?ということについて考えてみましょう。

住吉教授は、 江戸時代 の初期(17世紀)、中期(18世紀)、後期(19世紀)と、200年の時を超えて出版されたまったく同じ内容の本を例に示して、その意味について語りかけます。

ビデオで紹介された書籍

Three "Shijing" books 「詩経」 左:江戸時代後期(1865) ・中央:江戸時代中期(1791) ・右:江戸時代初期 (1664)

※詩経は中国最古の詩集とされ、紀元前11世紀から紀元前7世紀にかけて創作された300以上の様々な種類の詩が収められています。有名なものに花嫁のための詩「桃夭」があります。中国の書籍の内容に関しては、第2週以降で詳しく解説されていきます。

大乗仏教

さて、東洋の書籍文化の来し方を振り返る時、大乗仏典の普及を抜きにして語ることはできません。

西暦の紀元前後にインド北西部で発達した大乗仏教は、中央アジアを故郷とするインドのクシャーン王朝と、東方の後漢帝国(25-220 C.E.)との出会いを背景として、インド世界から中国へと伝わります。この現象を「仏法東漸」といい、世界史上の大事件として記憶されています。(fig.2, fig.3)

Old temple in Kucha Fig. 1. クチャ・キジル石窟寺院(EXPEDITION SILK ROAD展図録) [Take a closer look]

Ho-tan Shutsudo Fig. 2. ホータン出土・ロシア科学アカデミー/樺皮写本・法句経(シルクロード文字を辿って展図録)[Take a closer look]

それがなぜ大事件であったのかと言えば、単に宗教史の問題のみではなく、その後、東洋の広域に展開する仏教文化を産み出したからです。仏教文化が日本人の生活に、現に様々の影響を及ぼしていることは、言うまでもありませんが、実は、書籍文化もその大きな力を受けています。具体的には、「お経」の普及が、東洋の書籍の発達と流通を、強く促してきました。(fig.3)

Shukeisou Fig. 3. •取経僧(シルクロード大美術展・EXPEDITION SILK ROAD展図録) [Take a closer look]

お経と言えば、何も大乗仏典に限らず、各種の仏典を総称する言葉です。ここに大乗と強調する理由は、大乗仏教が、経典の普及に高い意識をもった教えであったからです。例えば、大乗仏典を代表する「妙法蓮華経」には、その経巻を受持、読誦、解説、書写し供養することが、繰り返し勧められています。大乗仏教は、当初から、経巻を複製するよう信徒に求め、経典を拠り所とする教えの普及を、構想していたのです。そして実際にこの構想は、仏典の漢訳された中国とその周辺で、絶大な効力を発揮しました。

Explore more about books

As mentioned in Step 1.1, you can view the images of most books—introduced in this course—in larger size by clicking the links marked Click to take a closer look. The link takes you to an online library where you can enjoy quality images and detailed information but it gives you more than that.

Spsite

Share this video:

This video is from the free online course:

古書から読み解く日本の文化: 漢籍の受容

Keio University