Skip main navigation

博士家の秘伝

博士家の秘伝
© Keio University

応神天皇以来、数百年の間、如何にして『論語』が読まれたのか、を知る資料は遺されておりません。

推古天皇(在位592~628)の世になって、聖徳太子(574~622)が制定した「十七条憲法」に「和を以て貴しとなす」等と『論語』の句が引用される受容の跡が見られるようになります。そこで、優秀な人材を育てるために、大学を設け、『五経』や『孝経』や『論語』を学ばしめ、また、『文選』(もんぜん)や『爾雅』(じが)等の文学・文字学等の多方面に亘る教育を行ったのです。その教師として、文章博士・音博士等の博士が設けられたのです。

平安時代の2つの博士家

平安時代になると、京の都に、大学だけではなく、藤原氏・橘氏・大江氏等の民間の学寮も増え、儒学の書のみでなく、『史記』『白氏文集』(はくしもんじゅう)等の幅広い漢文講読が行われ、『文華秀麗集』(ぶんかしゅうれいしゅう)『菅家文草』(かんけぶんそう)また、『和漢朗詠集』(わかんろうえいしゅう)等の著名な漢詩文集が作られました。

そこで、『論語』等の儒教経典を専門に研究講義を行っていたのが、清原(きよはら)・中原(なかはら)の二つの家で、明経博士(みょうぎょうはかせ)と呼ばれ、それぞれの家独特のテキストを持ち、訓読も家説として、その家独自のものを開拓していました。そして、その家の読み方は、門外不出の掟をもって秘せられ、特定の人以外には伝えられることはありませんでした。あたかも、仏教における密教の手法伝授の如き、厳しいものでありました。その家に伝わるテキストはどんなものが遺っているのでしょうか。

中原家本は断簡として遺るのみであります。現在、京都・醍醐寺、東京・東洋文庫、大阪・武田薬品杏雨書屋(内藤湖南旧蔵)、京都・大谷大学(神田喜一郎旧蔵)等に所蔵されるに過ぎず、京都栂尾の高山寺旧蔵のものでは、弘安10年(1286)以前の書写と考えられ、日本では最も古い『論語』の一つです。中原師有(なかはらもろあり)の奥書に「累祖の秘説」とありますが、家独特の秘宝であることを、よく伝えています(fig.1)。

Old Book Fig.1 『鎌倉写論語』
Click to take a closer look

その後、中原家の学問は伝わらず、室町時代は専ら、清原家の『論語』(fig.2)(fig.3)講読が主流となったようです。

Old Book Fig.2 『清原家論語』
Click to take a closer look

Old Book Fig.3 『清原家論語』
Click to take a closer look

清原家はもともと天武天皇の皇子舎人親王(とねりしんのう)の子孫といわれ、平安時代、広澄(ひろすみ)が博士となって以来、平安末期、頼業(らいぎょう)の時に高倉天皇の侍読も勤め隆盛を極めました。鎌倉時代に入ると、頼業の孫、教隆(きょうりゅう)が鎌倉に下り関東に文化を振興し、『論語』の講読も行いました(東洋文庫や宮内庁書陵部にそのテキストが遺ります)。また鎌倉末期から南北朝の初、頼業5世良枝(りょうし)の子、頼元(らいげん)が「論語」講読を行い(大東急記念文庫にそのテキストが遺ります)、室町時代へと学統をつないでいきます。

室町時代の清原家

何と言っても、室町時代を代表する清原博士家の中興の祖は、神道の吉田家から清原家に入った清原宣賢(のぶかた 文明7年~天文19年・1475~1550)でした。国学から儒学に至るまであらゆる書物を講読し、学風は、一世を風靡しました。その自筆の原稿は比較的多く遺ります。宣賢の『論語』講読は夥しい回数にのぼり、例えば、正平版(しょうへいばん)『論語』に書き入れられた奥書等は、宣賢のテキストを写したものでした。しかし、そこに「秘説」とあるように、一定の人にしか写すことは許されませんでした。正長1年(1428)の奥書も、室町時代に清原家のテキストを写したもので、「秘伝」を受けて写したものと思われます。

そして、宣賢の子・吉田兼右(よしだかねみぎ)や、孫の枝賢(えだかた)、釈梵舜(ぼんしゅん)らが室町時代後期に、慶長年間(1596~1615)に秀賢(ひでかた)が活躍し、江戸時代は、秀賢の子、賢忠(かたただ)が起こした新家・伏原家(ふしはらけ)に見るべきものが現れ、『論語』の講読は、伏原家につながれていったようです。しかしながら、江戸時代は林羅山(はやしらざん 1583~1657))の学問が一世を覆い、中世博士家の『論語』講読は衰退の一途を辿ったと言えるでしょう。 なお、こうした清原家の学問を伝えた「清家文庫」が京都大学附属図書館に、国の重要文化財として保管されています。

書籍情報と高品質画像は特設サイトでご覧ください。

© Keio University
This article is from the free online

古書から読み解く日本の文化: 漢籍の受容

Created by
FutureLearn - Learning For Life

Our purpose is to transform access to education.

We offer a diverse selection of courses from leading universities and cultural institutions from around the world. These are delivered one step at a time, and are accessible on mobile, tablet and desktop, so you can fit learning around your life.

We believe learning should be an enjoyable, social experience, so our courses offer the opportunity to discuss what you’re learning with others as you go, helping you make fresh discoveries and form new ideas.
You can unlock new opportunities with unlimited access to hundreds of online short courses for a year by subscribing to our Unlimited package. Build your knowledge with top universities and organisations.

Learn more about how FutureLearn is transforming access to education